• ホーム
  • コンセプト
  • 診療案内
    • 歯が抜けてしまった インプラント
    • 入れ歯が合わない 入れ歯
    • 銀歯が気になる 審美歯科
    • 歯ぐきから血が出る 歯周病
    • 健康な歯でいたい 予防歯科
  • スタッフ
  • 設備紹介
  • 医院案内

健康の入り口

健康の入り口

ゆっくり歩きと早歩きの組合せが効果的

ゆっくり歩きと早歩きの組合せが効果的
ゆっくり歩きと早歩きの組合せが効果的健康維持のために簡単にできるウォーキング。
そのウォーキングにちょっとした工夫を加えれば、筋力増強や持久力向上にもつながります。ゆっくり歩きと早歩きを交互に繰り返すと生活習慣病など のリスク低減にも効果があると2013年10月20日の日経新聞が紹介しています。

ゆっくり歩きと早歩きを3分間ずつ交互に繰り返すのが基本で、早歩きのスピードは目いっぱい速く歩く時の70%を目安にするそうです。
信州大学チームの研究では、ゆっくり歩きと速歩を交互に1日5〜10回、40歳〜80歳の男女5400人に5ヶ月間実践してもらったところ、高血 圧や高血糖が改善したり、眠りが深くなったりしたケースが生じています。
年を重ねるにしたがい、高血圧や生活習慣病、筋肉が減るサルコペニアなどのリスクも高まるので、ちょっとした時間を有効につかってゆっくり歩きと 早歩きを始めてみてくださいと記事の最後に書かれていました。

配信 Willmake143